サーティファイ資格でキャリアアップ!エクセルとワードのスキルを証明しよう! | パソコン教室なら「パソコン市民講座」

教室ブログ

サーティファイ資格でキャリアアップ!エクセルとワードのスキルを証明しよう!

2024.06.10 イトーヨーカドーあべの教室

こんにちは!
天王寺・あべのキューズモール内のイトーヨーカドーあべの店にあるパソコン教室、パソコン市民講座 イトーヨーカドーあべの教室です。

ビジネスシーンでエクセルワードのスキルを駆使できることは、今や必須の能力となっています。
しかし、自身のスキルを客観的に証明することができると、さらに大きなアドバンテージを得ることができます。
そんな時に役立つのが「サーティファイ資格」です。今回は、この資格がビジネスパーソンにとっていかに重要であるか、そして「MOS資格」との違いについても詳しく解説します。

サーティファイ資格は、エクセルやワードの実践的なスキルを評価するための資格試験です。
この資格を取得することで、自分のスキルレベルを客観的に示すことができ、転職や昇進の際にも有利に働きます。特に、データ分析や文書作成が求められる職場では、エクセルやワードの高度な操作ができることが大きな強みとなります。

例えば、エクセルのサーティファイ資格では、関数やグラフの作成、データベースの操作など、ビジネスに直結するスキルが問われます。これらのスキルは、日常業務でのデータ分析や報告書作成に大いに役立ちます。
一方、ワードのサーティファイ資格では、文書のレイアウトやデザイン、差し込み印刷など、プロフェッショナルな文書作成スキルを証明できます。これにより、クライアントや上司に対して高品質な書類を迅速に提供することが可能となります。

では、サーティファイ資格と「MOS資格」(Microsoft Office Specialist資格)の違いについても見ていきましょう。
MOS資格は、マイクロソフト社が認定する資格で、エクセル、ワード、パワーポイントなど、Microsoft Office製品の操作スキルを証明するものです。MOS資格は、グローバルに認知されており、特に国際的な企業や外資系企業での評価が高いです。

一方、サーティファイ資格は、日本国内での評価が高く、特に日本企業のビジネスシーンでの実践的なスキルを証明するのに適しています。試験内容も、より具体的な業務シナリオに基づいており、日常の業務に即した実践的なスキルを評価します。また、サーティファイ資格は、取得後も継続的なスキルアップを支援するための研修やセミナーが充実しており、長期的なキャリア形成にも役立ちます。

E9A01553-5F3C-41C6-AE71-5BC8153AFF2E

当パソコン教室では、サーティファイ資格取得を目指すための特別講座を開設しています。
資格取得に必要な知識や技術を効率的に学べるカリキュラムを用意し、実践的な課題を通じて合格をサポートします。

また、当教室では、模擬試験や個別指導を通じて受験対策も万全に行います。
これにより、試験本番で自信を持って取り組むことができ、合格率を高めることができます。サーティファイ資格取得に向けた学習は、日々の業務にも直結し、実践的なスキルアップを実感できます。

ビジネスパーソンとしてのスキルを確実に証明し、キャリアアップを目指すためには、サーティファイ資格の取得が有効です。ぜひ一度、当パソコン教室の無料体験会にご参加いただき、資格取得の第一歩を踏み出してみませんか?
エクセルとワードのスキルを高め、あなたのキャリアをさらに充実させましょう。

パソコン市民講座 イトーヨーカドーあべの教室
【住所】 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1 イトーヨーカドーあべの店 1F
【電話】 06-6556-7555

パソコン市民講座」では、このように受講生の皆様が学習で身に付けたスキルを活かして、より一層楽しくパソコンやiPad・iPhoneなどを日頃から使っていただき、便利な生活を送るためのITスキルを「すべての世代の方々に」ご提供させていただくため、これからも教室運営を行ってまいります。

< 前月へ 2024年6月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

教室ごとに見る

このページのトップへ