子ども(小学生・中学生)向けパソコン講座

子どもパソコン講座開講! 子どもパソコン講座開講!

「プログラミング教育」が必修に

学習指導要領改訂!2020年度から小学校で「プログラミング教育」が必修になりました

「プログラミング教育」が必修に

2020年度から全ての小学校においてプログラミング教育が必修になりました。将来のIT人材の不足を補うためでもありますが、時代を超えて普遍的に求められる力としての「プログラミング的思考」を育成することが将来的に重要とされているからです。今日ではパソコンを使った、ロボットやScratchなどのプログラミングの授業は、すでに私立の小学校を中心にスタートしています。

今すぐパソコンを学ぶメリット

授業の理解度がアップする!

授業の理解度がアップ

パソコン操作において必須となる入力作業(タイピング)も教室で習得できるため、「入力でつまづいて、授業に遅れを取ってしまう…」ということも回避できます。そのため、授業の理解もよりスムーズになると言えます。

思考力や表現力が身に付く!

思考力や表現力

例えば、1つの文書を作るのでも、「どのような内容を載せるのか」「どの情報を優先して見せるか」といったことを考えるため、情報を整理したり、見やすく分かりやすく伝える方法を考える力が身に付きます。また、「文字の大きさや色はどうするのか」といったデザインも考えるようになるため、表現力の幅も広がります。

将来に役立つ!

将来に役立つ

学校で論文をパソコンで作成したり、就職活動においてインターネットで申し込みしたりと、年々、高いパソコンスキルを求められるようになります。小・中学生の時点でも、パソコンでの授業や調べ物の宿題なども増えており、パソコン学習の必要性は将来に限ったことだけではありません。早いうちからパソコンに触れておくことで、将来困らないだけでなく、パソコンへの苦手意識を取り除いておくことができます。

自信になる!

自信になる

パソコン市民講座では、一人一人のスキルに合わせたカリキュラムを組みますので、分からないところや難しいところは、何度でも繰り返し学習することができます。1つずつ理解を深めることで、「できた!」という達成感を得ることができます。また、文書やお小遣い帳などを作り、印刷まで仕上げることもできます。自分の考えたものが形になり、それを手にすることで、大きな自信を育みます。

大学入試の記述問題はキーボード入力で回答

センター試験に代わる新大学入試テストは、パソコンでの記述問題の回答を目指しています

大学入試の記述問題はキーボード入力で回答

現在の「大学入試センター試験」に代わって、2020年度より「大学入学共通テスト」が実施されることになっています。将来的には、このテストの記述問題はパソコンを利用して解答する仕組み(CBT方式)にすることを目指しています。そのため、タイピングのスピード・正確性が大学入試の成績に関係するようになる可能性があります。

主な講座内容

ジュニアタイピングコース

パソコン市民講座の「ジュニアタイピングコース」では、年齢・習熟度に合わせて段階的に指導します。
まずは無料体験にてスキル診断を行い、習得までのレッスンプランをご提案。もちろん初めてパソコンに触る方でも安心してお任せください。

「ジュニアタイピングコース」では、入力の基本であるキーボードタイピングの習得を目的としています。早く入力することではなく、「前を見て」「正確に」入力ができるようになることを目指します。
効率よく入力するために必要な「ローマ字入力」をベースとしていることから、「アルファベットの読み書きの理解度」や「キーの配列を覚えているか」といったキーボードタイピングをスタートする前に理解することが必要な知識の習得からスタートすることも可能です。

「ジュニアタイピングコース」を受講される方には「インターネットタイピング」のサービスをご提供しており、集中してタイピングスキルを習得していただけるようになっております。

タッチタイピング
  • ●ホームポジション

    タイピングの基本の位置を覚えます。
  • ●ABCの入力

    アルファベットを覚えて正確に入力します。
  • ●ローマ字入力

    KA→「か」などローマ字入力を覚えます。
  • ●タッチタイピング

    手元を見ずに正確に入力します。
  • ●文の入力

    漢字やカタカナへの変換を覚えます。

わくわくPCキッズ

パソコンってなんだろう?興味をもったら始め時!

小学生から学べる講座で初めてのパソコンを楽しく学習!
「何ができるか」を、実際にパソコンを触りながら学習できるのでわかりやすく、身に付きやすくなっています。

子どもが集中しやすい学習構成だから飽きずに無理なく習得!
マウスの持ち方や、インターネットなど、「何となくできるようになっていた」ではなく、しっかりと学習し、確実に基礎を身につけることができます。

実際に教室で教材として活用している映像を、今回特別に少しだけお見せします。

学習内容(全8回)

  • ●パソコンの起動、終了
  • ●タイピング
  • ●マウス操作、ウィンドウ操作
  • ●ペイントを使ってイラスト作成
  • ●インターネット
  • ●ワードを使って自己紹介カード作成
  • ●エクセルを使ってお小遣い帳作成
  • ●パワーポイントを使ってプレゼン
  • ●パソコンの設定

他にもパソコンを学べる講座がたくさんあります

考えよう!情報モラル

お子さんがネットやスマホに触れる機会が増えると、トラブルに巻き込まれないか、心配する声も多くあります。また、ネットに悪口を書き込むなど、お子さん自身が加害者となってしまうケースもあります。
この講座では、お子さんがネットやスマホを使用する中で起こる、様々なトラブル事例を紹介しながら、キャラクターと一緒に「こんな時、自分だったらどうするか?」を考えていきます。
講座を通して、ネットワーク社会を生きていくために必要な「情報モラル」を身に付けていきましょう!

実際に教室で教材として活用している映像を、今回特別に少しだけお見せします。

学習内容(全2回)

  • ●考えよう!情報モラル
  • ●これからのスマホやネットの使い方を考えよう

わくわくデジタルペイント

えんぴつと紙でかく、いつもの「おえかき」。コンピューターを使うと、ちょっとすごいことに!
おえかきツール「ペイントエディター」を使えば、誰でもあっというまに、きれいな線や形に書けるようになります。ペタぺタ大変な色塗りも、あっという間に出来上がり。カタチをイメージしながらイラストを描くコツもわかります。
とっても楽しいデジタルペイント、始めてみませんか?

実際に教室で教材として活用している映像を、今回特別に少しだけお見せします。

学習内容(全6回)

  • ●ペイントエディターの基礎
  • ●直線ツールの基礎
  • ●円ツール・四角形ツールの基礎
  • ●背景の基礎
  • ●グラデーションの基礎
  • ●図形の編集、組み合わせたイラスト
  • ●グループ化・解除の操作

わくわくプレゼンテーション

「どうしたらうまく発表できるんだろう?」「自分の気持ちを伝えるにはどうしたらいいだろう?」
伝えるチカラは、学校生活だけでなく、これからもずっと、そして将来仕事に就くときにも必要なスキルです。自分の気持ちや考えを伝えることができれば、きっとコミュニケーションもうまくいきます!

実際に教室で教材として活用している映像を、今回特別に少しだけお見せします。

学習内容(全6回)

  • ●テーマや目的、ストーリーの作り方 、PowerPoint 起動
  • ●文字入力、スライド操作、保存
  • ●テーマ、バリエーション、写真挿入、写真装飾
  • ●テキストボックス、ワードアート、図形の挿入・装飾
  • ●スライドショー、アニメーション設定
  • ●プレゼンの準備、心構え、コツ、印刷

わくわくユーチューバー体験

みなさんは、YouTube(ユーチューブ)や YouTuber(ユーチューバー)という言葉を聞いたことがありますか?YouTube は世界でいちばん有名な動画共有サービスです。動画を見るだけでなく、「自分でもつくってみたい!」と思ったことはありませんか?
この授業では、動画をつくるために必要な撮影や編集といった操作や、おもしろい動画をつくるためのポイントを紹介します。ぜひ一緒にユーチューバー体験をしましょう!

実際に教室で教材として活用している映像を、今回特別に少しだけお見せします。

学習内容(全6回)

  • ●動画の企画、絵コンテ、撮影のポイント
  • ●撮影のポイント、編集(動画を並べる)
  • ●編集(トリミング・動画の一部をカットしてつなげる)
  • ●編集(タイトルカードの挿入・テロップ・BGM)
  • ●編集(効果・効果音をつける)
  • ●ユーチューバーになるには、やりがいと大変なこと、注意点

わくわくプログラミング・パズル

本講座で使用する Web アプリ「アルゴロジック」は「問題回答」型アプリです。「ロボットにどう動いてほしいか教える」中で、プログラミング思考を学び、深めていく。これらのパズルを通して「どう動かせばいいか?」を、子どもたちが楽しみながら論理的に考えていくステップを体験する。これからの子どもたちが「学びのコツ」を掴むきっかけとなるように、教材は構成されています。

実際に教室で教材として活用している映像を、今回特別に少しだけお見せします。

学習内容(全6回)

  • ●アルゴロジックの使い方
  • ●進むブロックをつなげてロボットを動かす
  • ●回転ブロックで、ロボットの向きを変えて動かす
  • ●進むブロックを組み合わせて、ナナメに動かす
  • ●ちがう「ときかた」で解く
  • ●繰り返しブロックの使い方・考え方
  • ●「繰り返しの繰り返し(入れ子・ネスト)」の考え方

子ども(小学生・中学生)向けパソコン講座の料金について

10,000円(税込)で8時間分受講可能!お得なチケットでタイピングスキルを身に付けよう!(小中学生が対象のチケットです)

「子ども向けパソコン講座」の詳しい内容につきましては、お近くのパソコン市民講座の教室まで、お気軽にお問い合わせください。

子どもパソコン講座開講! 子どもパソコン講座開講!
受講料

チケット制8時間10,000円(税込)

その他費用

入会金(初回のみ)、月会費(毎月)、テキスト教材費が必要です。

※パソコン等、機器使用料は不要です。

受講料

チケット制8時間10,000円(税込)

その他費用

入会金(初回のみ)、月会費(毎月)、テキスト教材費が必要です。

※パソコン等、機器使用料は不要です。

入力ができるようになったお子さんの次のステップ

「パソコンは楽しい!」と思えるように

「プログラミング教育」が必修に

小学生のお子さんでパソコンを学びたい方向けの講座です。
デジタルネイティブ世代とされる子どもたちが大人になり、社会で活躍している現在、これから大人になる子どもたち世代では当たり前のようにITが身近に存在します。
学校の授業でもすでに導入されているパソコンですが、スマホが普及する家庭ではなかなか触る機会がなくいつの間にか苦手になっている子も多くいます。

この講座では、どんなお子さんでも「楽しい」と感じられるように、パソコンの基本的な使い方はもちろん、お絵かきやインターネット、プレゼン(PowerPoint)など幅広い内容を学習し、パソコンで「何ができるか」を学ぶことができます。
学習教材は、小学生でも楽しく学べるよう、漢字にはすべてふりがなをふり、課題にはお小遣い帳などのわかりやすい内容を採用しています。
この講座を修了すると、ワードやエクセル、プログラミングなどさまざまなコースを学ぶことができるようになり、より詳しくパソコンを学ぶステップアップにもつながります。

こんな方にオススメ!

  • ●パソコンを基礎から学びたい

    パソコンの電源の入れ方や、マウス操作など、基礎的な内容からしっかりと学習することができるのでパソコンを触ったことがないお子さんでも安心してスタートできます。

  • ●入力操作以外のパソコンの使い方を学びたい

    自己紹介カードや、お小遣い帳を作成したり、パソコンの設定をしたり、幅広い内容でパソコンの使い方を学ぶことができます。

  • ●プログラミングコースを希望しているが、パソコンスキルが不安

    プログラミングコースで必要なパソコンの基本操作はもちろん、パソコンで何ができるかを学ぶことができるので、お子さんの興味を広げることができます。

子ども(小学生・中学生)向けパソコン講座を受講した生徒の感想

小学生のうちからタイピングを得意に![廣嶋 芽生さん(小2)]

受講のきっかけは? 学校でもつかっているから
現在の目標は何ですか? ママよりタイピングが早くなりたい
【保護者の方より】 小学校でパソコンを使う機会が増え、今後の事も考え、習い始めました。親が教えるよりもきっちりできるようになって、家でも楽しんで取り組んでいます。変な癖がつくとなかなか抜けないので、低学年のうちから、タイピングは正しく習った方がいいと感じました。

子どもが楽しく続けられる![Aさん(11)・Rさん(9)]

受講のきっかけは? プログラミングに興味があった。面白いゲームを作りたい!
現在の目標は何ですか? 3級取得高得点が目標!!(Entry級満点合格!)
タイピング2級以上目標!
【Aさん】スクラッチ1では、基本的な操作が出来る様になったので良かった。2に入り難しい内容を組み上げて行くところが、とてもとても楽しい!!
【Rさん】学校のパソコンクラブに入っていてスクラッチを友達に教えてあげられる様になった。タイピングも指使いを教えてあげている。とてもとても楽しい!!

画面を見て文字が打てるようになりました[ちさとさん(12)]

受講のきっかけは? パソコンのキーボードを正しく覚えたい
現在の目標は何ですか? タイピングコンテスト1級
パソコンの操作、タイピングなど全くわからなかったのですが、パソコン市民講座に通ったことでキーボードの手の置く位置、パソコン画面を見ながら文字を打てるようになりました。
先生方は1つ1つていねいに指導してくれてわかりやすく、時には、ゲーム感覚でのパソコンの授業をしてくれて楽しくパソコンを覚えています。
色んな操作を覚えるのが楽しいです。いつもありがとうございます。

パソコンを習って良かった![森下 晴太郎さん(9)]

受講のきっかけは? 習っているお母さんについてきて体験したら楽しかったのでやり始めた
現在の目標は何ですか? ワードのできるだけ良い級の資格をとりたい!エクセルもおもしろそうだからやってみたい!
ワードでは図形を入れたり画像の編集をするのが好きです。
学校でもパソコンの授業もあり、周りの友達から「ローマ字の入力教えて」「ラ行はどうするの」とかよく聞かれるので、そんな時やってて良かったなとおもいます。6年生からはプログラミングも始まるのでパソコンの知識を活かせたらいいなと考えています。
パソコンを習ってよかったことは、大人になっても使える、今も調べたり学校のお楽しみ会で使うプログラムを家でワードで作って持っていったり、役に立っています。パソコンは一度覚えたらぱっとできるから便利です!

学校・部活と両立しています![西本 光さん(15)]

受講のきっかけは? 将来必要だと思った為・タイピングが上手になりたかった
現在の目標は何ですか? MOS合格!
小学校の頃から通っています。WordとPowerPointが好きです。中学卒業までにMOSを取得するために頑張っています。習うきっかけだったタイピングが得意になったのでうれしいです。

来年の夏までに資格取得![加納 知季さん(16)]

受講のきっかけは? 来年の進路で進学と就職どちらにも対応できるようにしたいと思い、習い始めました
現在の目標は何ですか? タイピングを早くできるようになることと、WordとExcelの資格を来年の夏までに取得したい!
タイピングが苦手だったけど10分間で300文字以上打てるようになりました。
また、勉強していく事でパソコンが社会でどれだけ必要かを知りました。
来年、進路を決める時、進学と就職のどちらにも対応できるようにパソコン学習を頑張ります!

対象バージョン

●Windows10

●Microsoft Office 2016

●Microsoft Office 2019

この講座とあわせて受けたい講座

小中学生向けプログラミングスクールも!

パソコン市民講座の姉妹校『スタープログラミングスクール』とは

スタープログラミングスクールの授業風景

2020年のプログラミング必修化にともない、今、プログラミングを学ぶ子どもたちが年々増えています。プログラミング教育は、創造力や論理的思考力、コミュニケーション力や表現力などを高め、子どもたちはさまざまな力を身に付けます。
パソコン市民講座の姉妹校「スタープログラミングスクール」では、今からその力を養える、小中学生向けのプログラミングコースを豊富にご用意。本格的なプログラミングに挑戦することで、子どもたちの笑顔や「できた!」という思いを育んでいきます。

詳しくはこちら>>

コース一覧

●キッズプログラミングコース

iPadでプログラミング!ロボットも動かすよ!<推奨学年>小学1年生~4年生

●Scratchプログラミングコース

Scratchを使って、アニメーションやゲーム作りの基本を学ぼう!<推奨学年>小学3年生~中学3年生

●Webプログラミングコース

本格的なコードプログラミングに挑戦!デジタルハリウッドとの提携で、最先端の講義が受講できる!
<推奨学年>小学5年生~中学3年生

パソコン市民講座は個別カウンセリングなので、コース選びも安心です!
無料体験実施中!(全国の教室ページへ)
このページのトップへ